NewSoundScape’96- 第15回コンサート

New Sound Scape ’96- 第15回コンサート
1918→2018 没後百年 ドビュッシーへのオマージュ

6/29(金) 18:45開場/19:15開演
ムーブ町屋ムーブホール
全席自由 ¥3,000

小林 弘人
“Screen” ヴァイオリンとピアノのための
Violin:酒井寛樹、Piano:小林弘人

林 きらら
月下の森 4
Piano:米山 多佳子

真島 圭
動画 ピアノ独奏のための組曲
Piano:真島圭

山口 哲人
C・ドビュッシー作曲「忘れられた映像」より
①<嫌な天気だから「もう森へは行かない」の諸相>
②新発見!遺稿(偽作)<良い天気になったので「森へゆきましょう」の諸相>

Piano:田中宏明

和田 恵
アラベスク ~ヴァイオリンと二十絃箏のために~
Violin:佐藤まどか、二十絃箏:田村法子

ほか ドビュッシー作品

– – – – –
作曲家グループ New Sound Scape ’96- の1.5年毎の自主公演です。
ドビュッシー没後100年にあたる今年、各メンバーのドビュッシー(の作品)へのオマージュ作品と、ドビュッシー自身の作品をお楽しみいただく夕べです。

拙作は、ベルガマスク組曲より「月の光」へのオマージュのピアノソロ作品。
あまりにど真ん中過ぎて躊躇したのですが(^^;)、物心もつかない頃に部屋で聴いていた母の弾く「月の光」が私の音楽の原体験なので、やはりオマージュを捧げるとしたらこの曲なのです…
タイトルは、月の光(ドビュッシー)に憧れて手を伸ばす森(わたしたち)ということで、思いがけずシリーズ第4作目です。
初演奏者はナテュールのピアニスト米山多佳子氏。
これまで敬遠してきたピアノソロ作品というバンジージャンプですが、多佳子さんというこの上なく心強い命綱を得て挑みます(^^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。